ページTOP

インプラント治療の症例

残っている歯を助けるために・・・

向かって右奥に入れ歯をいれると、欠損している横の歯に負担をかけることになり、歯が弱ってしまいます。
そして十分に満足な咀嚼は期待できません。
インプラントを応用することにより、歯は守られ、左右でしっかりと噛めるようになられました。


たった1本と思わないで。

ブリッジ→小さな部分入れ歯→大きな部分入れ歯→総入れ歯と、すべては1本の欠損から始まります。写真の患者様は、向かって左の奥から3番目に1本だけ、インプラントが入っています。

ほとんどの歯がとても健康な状態で残っていましたので、歯を削ってブリッジにすることは抵抗がありました。そこで、インプラントに。
他の歯を守るためにも、欠損が小さいうちにリセットすることがとても大切だと思います。

全部歯がなくなっても・・・方法があります。

歯が全て抜け落ちたり、上下どちらかだけ多くの歯が残ってしまった場合、総入れ歯は安定しにくく、なんでも食べられる入れ歯を作ることは困難です。

本数は増えますが、インプラントは患者様の満足度はとても高い治療法といえます。なお、このような処置の場合、手術当日に仮歯を入れることも可能です。


何とかして自分の歯を残そう

左側の歯を残すことにこだわったおかげで、インプラントは1本で処置を終えました。
インプラントは第2の歯としてとても有効な手段ですが、まずは自分の歯を残すということを考えていきましょうね。

その他の症例をもっと見る

ページ下部