ページTOP

診療時間・アクセス

インプラント治療をご検討されている方の中には、治療はどのような流れで進むのか、ご不安な方もおられると思います。ここでは、当クリニックで行っているインプラント治療の流れをご説明いたします。

また、患者様からよく頂く、ご質問もまとめましたので、ご覧下さい。

インプラント治療の流れについて

STEP1
インプラント治療は、患者様の症状をしっかり理解することから始まります。
顎の骨の量や、質などを検査するため、模型やCT撮影写真などの必要な検査から、診断、治療計画を立案し、分かりやすくご説明いたします。
治療説明は噛み合わせの状態など、長期的な視点で、綿密にたてる必要があるのです。

photo

photo

流れ

STEP2

STEP1で立てた治療計画を、患者様にしっかり説明し、術式・治療期間・費用・リスクなど、細かな部分まで十分理解していただきます。
インプラント治療は、高額な治療法ですし、保険治療でもありません。
そのため、このインフォームドコンセントが非常に大切なのです。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

photo

流れ

STEP3
手術は、インプラントを埋入し、埋入部を歯肉で覆うところまで行います。
局所麻酔をして手術しますので、痛みは感じません。
それでも、少し不安、恐い・・と思われる方は、静脈内鎮静法で手術を受けることも可能です。
個人差はありますが、術後は簡単な抜歯程度の痛みで、ほとんどの方は1~2日で楽になったといわれます。

photo

photo

滅菌ガウン着用の上、オペを行います。

手術器具は全て厳密に滅菌されたものを使用します。

流れ

STEP4
チタン製のインプラントが骨と完全に結合するには、通常の場合は1.5~2ヶ月、骨が柔らかく骨移植などを伴った場合は4~6ヶ月程度かかります。

流れ

STEP5
インプラントと骨の結合が確認された後、インプラントにアバットメントという歯を装着するための土台を取り付けます。その後、歯や補綴物を作るための型取りを行います。この型を元に最終的な色、材質、形状を決定し、最終的な歯を作り、完成後アバットメントに装着して固定します。

流れ

STEP6
治療後はご家庭でも正しいケアをお願いします。また、クリニックでの定期的なケアも大事です。ずっと良好な状態を保つためには、3~4ヶ月に1度の定期検診とケアを続けていきましょう。

Q&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?
成長期を過ぎており、重篤な全身疾患等が無ければ、どなたでも受けられます。

年齢の上限はありません。
ただし、解剖学的にインプラントを入れるだけの十分な骨がない場合は、付加的な処置が必要になる場合があります。
インプラント治療の成功率は?
一般論として、外科治療において成功率100%のものというものはなく、インプラント治療もその例外ではありません。

用いられるインプラントの種類、治療部位や、骨の状況や全身疾患の状況等にもよりますが、主要メーカーのインプラントにおいては95%以上の成功率が文献により示されています。
当クリニックの過去5年間のデータではこの数値を上回っています。

しかしながら、どんなに成功率が高くても成功しなかった患者様からしてみれば、それはどうでもいいことで、そのあとの対処法を考えておかなければなりません。
実際には、インプラントの再手術を受けていただくか、ブリッジや入れ歯で治療するかになります。

いずれにしても、骨と結合しなかったインプラントは容易に取り除くことができ、 また、その部分の骨も再生しますので、ご安心ください。
痛みや腫れはどうですか?
個人差もありますが術後多少の痛みや腫れは出る可能性があります。

シンプルな術式であるほど少ない傾向にあり、骨量不足のため、骨移植・骨造成などを行った場合はかなり大きなものになります。
そのため、当クリニックでは、短いインプラントを用いたり、インプラントを傾斜させたりすることによって、骨造成をできるだけ回避し、シンプルな治療を目指しています。
これはインプラント製品の品質の向上や、CTやコンピュータ・シュミレーションでの精密な診断がもたらしてくれたもので、多くの臨床研究の結果、科学的な根拠が示されています。
結果として、治療期間も短くなり、治療費も抑えることができます。
インプラントは身体に悪い影響はないですか?
ご安心ください。
骨の中に入るインプラント体は純チタン製で、人工関節など、体内の他部位で広く応用されている安全な材質です。

また、頭部を含む全身のCT撮影やMRI撮影についても問題なく行えますので、ご安心ください。
photo
インプラント治療の料金はどのくらい?
インプラント治療は自費診療ですので保険はききません。
使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によっても費用は異なります。

入れ歯を何度も作り直す労力とインプラント治療後の快適性、さらに医療費控除が適用になる点などを考慮して頂いたうえで検討する必要があると思います。(医療費控除について)
メンテナンスは必要ですか?
インプラント治療後、何らかのトラブルが生じても、自覚症状が無いことが多く、ある程度進行した状態になるまで、患者様ご自身が気づかないことがあります。

そういった状況を未然に防ぐため、定期的に見せていただくことが重要です。
そしてセルフコントロールできない部分を、専用の器具を用いてしっかりとメンテナンスしていくことはとても大切です。

ページ下部